VC PTN 2634059 フリーライダー 2010年本屋大賞 天地明察 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年本屋大賞 天地明察 

皆さん読書、してますか?

毎年恒例(今年で7回目)の、全国の書店員が投票で
「いちばん売りたい本」を決める「2010年本屋大賞」が
発表されました。

そして、今回は、冲方丁(うぶかた・とう)さんの時代小説
「天地明察」が見事大賞を受賞しました!

江戸時代に、囲碁棋士の名門に生まれ、初代天文方となった
渋川春海の若き日、和算に打ち込み、時の老中・酒井雅楽頭に
見込まれ、日本初の独自の暦となる「大和暦」を作り上げていく
姿を成長物語として描いた時代小説です。

ちなみに、第31回の吉川英治文学新人賞も受賞してます。

前評価の高かった、川上未映子さんの「ヘブン」や、馬鹿売れ、
村上春樹さんの「1Q84」、ドラマが始まった、東野圭吾さんの
「新参者」を抑えての受賞ですから、価値ありますね。

大賞 冲方丁「天地明察」(角川書店)
2位 夏川草介「神様のカルテ」(小学館)
3位 吉田修一「横道世之介」(毎日新聞社)
4位 三浦しをん「神去なあなあ日常」(徳間書店)
5位 小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」(文芸春秋)
6位 川上未映子「ヘヴン」(講談社)
7位 藤谷治「船に乗れ!」(ジャイブ)
8位 有川浩「植物図鑑」(角川書店)
9位 東野圭吾「新参者」(講談社)
10位 村上春樹「1Q84」(新潮社)

現場の方が選んだ本ですから、やはり読みたくなりますね!

2006年「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
(リリー・フランキー)、09年「告白」(湊かなえ)も、
そいえば、読んだなあ~    なつかす~い。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

涼さん、こんばんは(^-^)
ブログ訪問ありがとうございます!

もう本屋大賞の季節ですか~、一年早いですね。

今回は大賞~10位まで読んだことある本が一冊もなかったです(汗)
最近は忙しくてなかなかじっくり読む時間がないんですよね…。

09年受賞の「告白」は映画になりましたね。
触りだけ内容を見たら面白そうだったので、今度見に行こうと思います(^-^)

告白

告白 シンプルながらグイグイ引きこまれる良書ですね。
牛乳が怖くて飲めなくなるかな?
maicro ad
YAHOO ad
google ad
オリコン I-Tune

欲しい曲だけダウンロード
 iTunes Store(Japan)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村
フリーエリア
ス-ツ・コート・シャツ購入先
楽天
人気商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ショッピング モール
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
デル株式会社
TSUTAYA online
東急ハンズのネット通販「ハンズネット」120×60サイズ
トリンプ・オンラインショップ
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
トイザらス×こどもちゃれんじ しまじろうの大型遊具【ベビーザらス】
チューリッヒ保険
ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ
スポンサー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。